ホーム >> 診療案内 >> 歯周病

診療案内

歯周病

歯周病とはどんな病気でしょう?
歯周病とは歯についた歯垢、歯石の中の細菌が原因で歯肉に炎症が起こりひどくなると歯を支えてる骨が説とけて歯が抜ける病気です。
どうせ抜けてしまう歯だからと放っておくと骨までだめになってしまい、 入れ歯やインプラントもうまく入らない、どうしようもない状態になって

しまいます。

どんな状態?チェックしてみよう!

  1. 歯ぐきから血がでる。
  2. 歯がぐらぐらしてかむと痛い
  3. 口が臭い
  4. 歯石がたまっている
  5. 歯ぐきがぶよぶよしている
  6. 歯ぐきの色が真っ赤、赤茶色

何がこわいのでしょう?

歯周病はなかなか痛みを感じません。歯ブラシをきちんとしないで寝たりしていませんか?気づかないうちに徐々に徐々に進行しているのです。 痛みを感じたり、歯がぐらぐら動くと気づいた頃には手遅れになっている場合が多いのです

歯垢と歯石

歯垢は歯ブラシでとれますが、人によって歯ブラシの癖があります。
いつも磨き残しがある場所というものがあるものです。
そして歯石は歯ブラシではとれません。これは歯医者さんでとってもらうしかありません。歯石は顕微鏡でみるとぼこぼこと穴があいているような表面をしていて、汚れを溜めやすいのです。よってその歯石の下の歯ぐきがいつも炎症があるような状態にあるのです。

歯科医院での歯周病治療

歯垢、歯石を専門の器具を使い除去してゆきます。
歯垢、歯石を除去すると自然と歯ぐきがひきしまってきて、きれいなピンク色の歯ぐきになってきます。

軽症の場合は2回程度、重症の場合は数ヶ月かかる場合もあります。