ホーム >> 診療案内 >> 一般歯科

診療案内

一般歯科

一般歯科とは小さなムシ歯の治療から入れ歯、ブリッジ製作、歯周病治療、など全般をいいます。
痛いところが特にない場合やここからやってほしいとのご希望がない場合は、まずは歯、歯肉の汚れをとり、土台(歯周組織)を良い状態にして治療に備えてゆきます。診療を始める際には、よく説明することを心がけており、納得してから始められるように努めています。


ムシ歯治療では、あまり削りすぎないように、なるべくご自分の歯質を残すようなスタイルで行っています。なぜ削りすぎはいけないのかは以下を参考にしてください。また、できるだけ歯を抜かないでもたせるように努めています。しかし、歯が割れていたり、抜かないとどうにも解決しない場合もありますので一度ご相談ください。

シリーズ1 むし歯予防には早めの治療が必要です???

むし歯の早期発見、早期治療という言葉をよく聞く気がしますが、これはある意味間違っています。


皆様も何となくお気づきかと思いますが、一度治療しても何年かするとまたそこからむし歯になったり、せっかく詰めた物がとれたりしていません
か?一度けずると、長い目で見ればその歯はどんどん悪化してゆくのです。ですからむし歯になりかけの歯はけずってはいけません。
(しかし、もうすでにむし歯である歯に関しては、痛みが無いとしても腹をくくって治療しなくては悪化します。)


ではなぜ、むし歯になりかけの歯はけずってはいけないのでしょうか?
「むし歯になりかけ」という状態は、歯のエナメル質のみがむし歯菌により一部溶かされている状態です。お口の中は、色々な温度の食べ物が変わる変わる入ってきたり、固い物を噛みくだいたりするので、刺激がいっぱいです。この刺激から歯の内部を守るのがエナメル質です。そのくらい強くて固いエナメル質なので、一部溶かされても歯ブラシの仕方、甘いものの取り方、定期的な歯科医院での清掃によりそれ以上虫歯を進めないようにする事が可能なのです。


正しくは「この歯は大切にすれば削らずにすむかもしれません。虫歯をつくらない事を私たちと一緒に始めてみませんか?」なのです。

その2 ムシ歯はつめないとなおらない

穴があいてしまっていたり、裂溝(歯の溝)から深くにムシ歯は広がっているなどある程度進んでいるムシ歯は、残念ながら治療は必要です。しかし初期のムシ歯(エナメル質内のムシ歯)はその1でお話したように、歯を強くしたり生活習慣の改善などで健康な歯に戻すことができます。


そこで「痛くなったらまたくるよ」痛くなったときにはけずらないといけないですね。よって予防処置が重要なのです。予防というと、お口のケアやメンテナンスが主で治療をあまり重視していない分けではなく、予防を重視すればするほど、治療もきっちり受けたいという方が増えています。

シリーズ2 むし歯予防にはどうすれば良いでしょうか?

シリーズ1で、「虫歯になりかけの歯」は歯ブラシの仕方、甘いものの取り方、定期的な歯科医院での清掃により、それ以上虫歯を進めないようにする事が可能です、という事をお伝えしました。
では、どうやって虫歯予防していけば良いのでしょうか?国民全体の虫歯を減らすことに成功したフィンランドでは、以下の5つを国民に推奨しています。


1 歯磨き

一番大切なのは、毎日のブラッシングです。朝、夜2回、特に大切なのは夜です。1歯1歯、歯と歯肉の間に歯ブラシの毛先が入るように、丁寧にブラッシングします。出血がなくなり、歯肉がきれいなピンクにひきしまってくるまで、頑張ってください。歯ブラシの仕方に自信のない方は、遠慮なくおっしゃってください、効率良くできるよう指導させていただきます。


2 食事

食事をすると、口の中の細菌が食品中の糖分を利用して酸を放出し、歯質を溶かそうとします。なので、甘い物は食後にとり、ダラダラと常に食べる事はやめましょう。ダラダラ食べていると、口の中が常に酸性になり、虫歯になりやすい環境を常につくっていることになります。糖分の入ったジュースやガムを常用していることも要注意です。


3 フッ素

フッ素が歯質につくと、歯質がフルオロアパタイトという酸に強い構造になります。フッ素入りの歯磨き粉やフッ素ジェルは今たくさん商品となっています。薬局などで選んで使ってみてください。


4 キシリトール

キシリトールとは、主に白樺や樫などの樹木から抽出される成分を原料とした天然素材の物です。キシリトールは細菌の酸の発生を抑制することができ、細菌を死滅させていきます。甘いガムやあめを食べるなら、キシリトール入りのガムにしたら良いですね。


5 定期検診

毎日、丁寧にブラッシングをしていても自分では落としきれない汚れが必ずあります。定期的に歯科医院に来ていただき、歯石や自分では落としきれない汚れを落として下さい。定期検診が歯周病からあなたを守ります。また、虫歯は穴が開いたあり、痛くなったりしてからは遅いのです。穴が開かないように適切な毎日のブラッシング(セルフケア)と歯科医院での定期検診(プロケア)であなたの歯を守りましょう!


私たちは皆様のきれいなお口と健康のための好ましいライフスタイルの獲得を目指しています。


歯科医師 高橋 美貴